現在このようなことが起きていませんか?

取得したアポイントの確度が低く内容的に無駄な商談になっている


リードへの最適なフォローができておらずリストが無駄になっている


過去履歴や次回アクションが不明確でナーチャリングできていない
インサイドセールスの前に
Phase1:ターゲットを決める

・責めるべき対象の業種はどこか

・どのような業態が対象となるか

・ターゲットの対象とするエリア(商圏)は

・リーチすべき対象の企業規模は

Phase2:情報を集める

・リーチすべき担当部門はどこか

・リーチすべき担当者は誰か

・組織や部門が抱える想定課題とは何か

・キーパーソンが抱える想定課題とは何か

Phase3:攻め方を決める

・顧客の抱える課題の解決策は何か

・組織や担当者の悩みを解決できるか

・自社サービスで解決策を提示できるか

・自社が顧客から選ばれる理由は何か

インサイドセールスの準備
Phase4:データベース構築

・リードの最新ステータス状況

・データの過去対応履歴の整理

・商談実績、取引実績、購入実績

・リードデータのアップデート状況

Phase5:シナリオの設計

・リーチすべきリードを見極める

・リーチ可能なリードか見極める

・アプローチの反応スコアを記録

・レイヤー別アプローチを策定する

Phase6:・コンテンツ制作

・誰に対し何ができるのかを伝えるもの

・何の課題が解決出来るのか伝えるもの

・なぜ選ばれているのかが分かるもの

・何がどう良くなるのか理解できるもの

インサイドセールスの実行
Phase7:運営と管理

・リード数は十分に確保できているか

・リード数を増加させる施策はあるか

・適格なメンバーをアサインしたか

・データの取扱いはルール化したか

・プロセス毎の評価はできているか

・案件進捗しない原因に対策したか

・獲得した商談は有効商談だったか

・常に次回アクションを決めているか

ハジマリの特徴
ハジマリ営業パーソンは全員正社員

ハジマリのインサイドセールスを担当する営業マンは全員正社員のセールスパーソンです。だからこそ顧客と同じ水準、同じ目線で営業活動を推進することが可能です。また多くの事業・サービスの営業支援に関わってきた熟練の営業が担当しますので、比較的早期に成果を上げることが期待できます。


必要な時に必要な量の新規リード獲得

ハジマリはインサイドセールスを実行する上でリードデータが不足している際は、新規のリード獲得からご支援します。インサイドセールスを成功させ、継続的に成果を上げ続ける上で重要なリードデータを獲得するために、クライアントの狙うべきターゲット、リーチすべきセグメントに対して効果的にアプローチします。


営業を仕組み化・見える化をご支援

ハジマリのインサイドセールス支援は成果を上げ続けることに意味があると考えています。なぜ成果が上がるのか、どうすれば更に成果が上がるのかをクライアントと共有し、可視化された活動の中で最善の仕組み化を図ることが我々の強みであり、クライアントの組織に価値のあるフィードバックを提供いたします。


料金について