1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティング
  4. リード獲得に役立つABテストの基礎知識

hajimari BLOG

ハジマリブログ

マーケティング

リード獲得に役立つABテストの基礎知識

リード獲得に役立つABテストの基礎知識

Web広告やマーケティングの世界にあるABテスト(A/Bテスト)という手法をご存じでしょうか?

結果を出すために色々と試しながら最適解を見つけ出していくプロセスでは試行錯誤を繰り返すことになりますが、ABテストではそれが体系化され、ひとつの手法として確立されています。

そのABテストとはどんなテストで、どんなメリットやデメリットがあるのか、さらABテストを実践する方法までを解説したいと思います。

 

ABテストとは?

WebサイトのデザインやUIは訪問者の行動に大きな影響を及ぼすため、最終的なコンバージョンを左右することになります。そこでサイトを発信している側として少しでも結果の出るサイトにしたいと考えるわけですが、それを試行錯誤するのがABテストです。

Webサイトのある一要素だけを変更した2つのパターンを用意して、それをランダムに表示させるように仕掛けを作ります。訪問者はAもしくはBのサイトのどちらかを見て、そのうえで行動を起こします。一定期間このABテストをすることで、AとBのどちらが結果につながったかを測定し、好結果であったほうを残します。

これをさまざまな部分で試して、サイトのデザインやUIなどを最適化していく手法が、ABテストです。ここではABという2つのパターンを前提に解説しましたが、3つ以上のパターンを同時に用意して効果を測定することもあります。

 

なぜABテストがリードの獲得に役立つのか?

リード獲得に役立つABテストの基礎知識

自社サイトを開設する目的の中には、(見込み顧客)の獲得も含まれていると思います。検索から訪問してきた人との最初の接点となる可能性が高く、そのリードを確実に自社の見込み顧客として獲得するには、訪問者の離脱を防がなくてはなりません。そこで自社サイトの最適化をしていくプロセスでABテストが重要になるわけです。

ここでは自社サイトに対するABテストについて解説してきますが、もちろんこれは自社コンテンツすべてに言えることです。オウンドメディアやWeb広告、ランディングページ、さらにはメールマガジンやSNSでの情報発信についても同様です。こうしたさまざまな発信方法にABテストを取り入れることで情報を正確かつ魅力的に伝え、効率良くリードを獲得することにつながります。

 

ABテストのメリット

ABテストを行うことには、多くのメリットがあります。1つずつ解説していきましょう。

ABテストのメリット① サイトを運営しながらテストができる

異なる2つ以上のパターンを用意して訪問者ごとにランダムに表示する手法をとれば、Webサイトをリニューアルすることなく同時進行でテストをすることができます。そして優れたほうを残すので、情報発信が一時的に中断することもありません。

ABテストのメリット② サイト改善に伴うリスクを軽減できる

ABテストは一部分だけを変更して複数のパターンを比較して改善していく手法なので、「石橋を叩いて渡る」作業ともいえます。テストをすることなく全面リニューアルをしてそれが失敗に終わった、という話は枚挙に暇がありませんがABテストを繰り返すことでそういったリスクを軽減できます。

ABテストのメリット③ 低コストである

ABテストは少しずつ変更しながら改善して、結果としてベターのかたまりが出来上がります。サイトの全面リニューアルとなるとコストが掛かりますが、それに比べるとABテストは低コストです。

ABテストのメリット④ 少ない工数で実践できる

金銭的なコストと同様に、ABテストは工数の削減にもつながります。サイトをゼロベースで構築するわけではなく一部部分の修正に近いような作業なので、工数だけでなく時間も節約できるでしょう。

 

ABテストのデメリット

メリットの次には、ABテストのデメリットも解説します。これらのデメリットは改善できるものばかりなので、改善のヒントもイメージしつつお読みください。

ABテストのデメリット① 一定数以上のサンプルが必要

一定数以上のサンプルがないと比較精度が低くなってしまいます。あまりアクセスがないようなサイトでABテストをしても偏った結果しか得られないので、まずは母数となるアクセス数を増やす努力から始めるべきでしょう。

ABテストのデメリット② テストの方法を間違えると結果も不正確になる

先ほどからABテストは特定の一部分のみを変更してテストをするものと解説してきました。これはABテストの鉄則で、複数個所を同時にテストしてしまうと結果の検証が複雑で不正確になってしまいます。ABテストは有用な手法ですが、やり方を間違えると不正確な結果が出てしまい、それが改善の判断を誤らせるリスクがあります。

ABテストのデメリット③ 長い目で取り組む必要がある

ABテストで得られる結論は、ベストではなくベターです。ベターを積み重ねて最適解を導いていくものなので、一度や二度で終わらせることなく永久に続けるくらいの姿勢が必要です。すぐに結果を求めるのではなく、長い目で取り組みましょう。

 

ABテストの基本の実践方法

リード獲得に役立つABテストの基礎知識

ABテストの実践方法は、PDCAそのものです。仮説を立ててそれをABテストの選択肢として作り込み、両者を比較します。そして比較した結果で良いほうを残し、他の部分についても仮説を立てて複数のパターンを比較する…という作業を繰り返します。

もちろん一度比較した部分はそれで最適解と結論づけるのではなく、再び他のパターンと比較してみるなど、常にPDCAを繰り返すのがポイントです。

 

まとめ

低コストで今すぐ取り組むことができるABテストは比較と検証を繰り返すことで自社サイトのコンバージョンを徐々に高めていくことができます。そこから得られた気づきやノウハウは社内資産として積み上がっていくものなので、ぜひ実践してみてください。

 

関連記事