1. HOME
  2. 事業案内
  3. LTVが事業成長の基盤
  4. インサイドセールス

LTVが事業成長の基盤

取引の継続

LTVが事業成長の基盤

インサイドセールス

hajimari インサイドセールス

リードのデータベース化と
インサイドセールスの体制構築

名刺データ、過去商談履歴などを全てデータベース化し、同じ会社や部署、名前を名寄せすることで、重複のない状態、更新しやすい状態でデータ管理することで、インサイドセールスがスムーズに実行できる環境を整備します。(名刺のデータ化もお任せください)
また、クライアントの事業やサービスの理解を深め、セールスストーリーを明確にした上で、ナレッジとコミュニケーションによるトレーニングを展開し、デジタルインサイドセールスの体制を構築します。

リードのステータス管理と
ターゲットセグメント

リードをクオリファイドさせ、有望リードへランクアップさせるために、インサイドセールスでリードごとに対してのアプローチ方法、優先順位を定めます。
またデッドエンド(フォロー対象ではないリード)リードと、プロスペクトを見極め評価し、インサイドセールスのパフォーマンス最大化を図るためのスキームを構築します。
多くの有効商談を発掘するために、主にBANT情報(予算・決裁権・必要性・導入時期)と、リードが抱える課題や、現在の利用状況などをヒアリングし、より確度の高いセールスリードを獲得します。

インサイドセールスの
オペレーションとマネジメント

より多くの顧客接点から、インサイドセールスチーム内のナレッジ共有を図り、セールスチームと連携強化することで、(見込み客)のより深いインサイトを得ることが可能となります。
活動の基準や仮説を作り、定点観測を繰り返すことでマーケティング活動全体のパフォーマンス向上や、活動における未来予測がより鮮明になることで、事業をスケールさせるきっかけに繋がります。
資料請求