1. HOME
  2. ブログ
  3. インサイドセールス
  4. マーケティングオートメーション(MA)ツールを提供する企業15選

hajimari BLOG

ハジマリブログ

インサイドセールス

マーケティングオートメーション(MA)ツールを提供する企業15選

オンラインを主体にした効率的なマーケティング手法として、MA(マーケティングオートメーション)が広く普及しています。多くの作業を自動化できるためコストパフォーマンスに優れており、今すぐにでも導入したいとお考えの企業は多いと思います。
そこで今回は、主要なMAツールを15個厳選して、ワンポイントコメントとともにご紹介します。

セールスフォース:Pardot(パードット)

Pardot

、CRMソリューションの世界的な大手が提供しているMAツールです。リード別にスコアリングして最適なアプローチ方法を分析できる機能など、きわめて実践的です。

アドビシステムズ:Marketo(マルケト)

Marketo

デザインツールでおなじみのアドビが提供しているMAツールで、すでに数千社以上の導入実績を有しています。既存のソフトやアプリとの連携に優れており、現在の環境を維持したまま導入したい企業向けです。

HubSpot:Marketing Hub

MarketingHub

初心者でも操作しやすいように直感的な画面構成になっていることや、LP(ランディングページ)の作成、SEO対策など、Webを主体にしたマーケティングに特化した機能も満載です。

シナジーマーケティング:Synergy!(シナジー)

synergy

国産マーケティングツール大手のシナジーマーケティング社が提供するMAツールです。使い勝手にこだわりを持って設計されており、マニュアルを熟読しなくても少しずつ機能を使えるようになります。

Mtame:BowNow(バウナウ)

bownow

とにかく手軽に、簡単に導入できるMAツールというのが売りです。まずは無料から始めたいという企業向けにフリープランもあります。

Innovation & Co.:ListFinder(リストファインダー)

list-finder

BtoBに特化したMAツールで、上場企業の導入率の高さが目を引きます。本格的な機能を実装している一方で月額3万円台から始められるため、スタートアップ企業や小規模ビジネスにも最適です。

SATORI:SATORI(サトリ)

SATORI

テレビCMの影響もあって高い知名度を誇ります。自社サイトに計測タグを埋め込むことで今すぐデータの取得が可能になるため、即時性に優れています。

オラクル:Eloqua(エロクア)

Eloqua

世界的に高い評価を得ている定番MAツールです。データの参照権限を細かく設定できるため、社内であっても利用を統制したい場合に威力を発揮します。

ジーニー:MAJIN(マジン)

MAJIN

リードナーチャリングで重要になる配信チャネルの選定において、アプリプッシュやLINEといった方法も選択できるのがユニークです。

カイロスマーケティング:Kairos3

Kairos3

MAツールとしてだけでなく、SFAツールとしても利用できます。名刺管理アプリとの連携やセミナー管理の機能はいずれもリードをどう獲得したかを把握できるため、リードナーチャリングの精度が向上します。

シャノン:SHANON MARKETING PLATFORM

SHANON MARKETING PLATFORM

国内大手企業が多く導入している国産のMAツールです。オンラインだけでなくオフラインで開催されているイベントなどの管理も充実しているため、BtoCでも威力を発揮します。

プラスアルファ・コンサルティング:カスタマーリングス

カスタマーリングス

「顧客体験型マーケティングプラットフォーム」というキャッチコピーが目を引きます。そのコピー通り、数値だけでなくデータから読み取れるリードの分析を重視し、「顧客体験」をすることでコミュニケーションの促進を図ります。

ブレインパッド:プロバンス

プロバンス

ただ自動化するだけ、ただアプローチを多くするだけ、といった画一的なアプローチではなく、絶妙なタイミング、刺さる内容をしっかりと狙ったアプローチができる支援ツールです。

フロムスクラッチ:b-dash

b-dash

テレビCMが放映されていたこともあり、一般消費者からも知名度の高いサービスです。BtoB、BtoCの両方で利用できるツールですが、実績からはBtoCに強みがあることが伝わってきます。

マーケティング-ロボティクス:マーケロボ

マーケロボ

リードナーチャリングにおいて最適なアプローチのタイミングを通知してくれる機能や、よく使うメール文面のテンプレート化など、まさに「オートメーション」を実感できるMAツールです。

 

まとめ

代表的なMAツールをコメントつきでご紹介しました。この中には名前が有名なものも含まれていますが、有名なツールが必ずしも最適だとは限らないので、「何に適したツールか」をしっかりと踏まえた上で導入の検討をしてください。

関連記事