1. HOME
  2. ブログ
  3. インサイドセールス
  4. 【2021年版】インサイドセールスで使えるCRM/SFAツール20選

hajimari BLOG

ハジマリブログ

インサイドセールス

【2021年版】インサイドセールスで使えるCRM/SFAツール20選

インサイドセールスのCRM/SFAツール20選

インサイドセールスを導入するには、そのためのツールを準備する必要があります。
主にCRM、SFAツールを使用することになりますが、これらは成長分野でもあることからとても多くのツールが販売されており、どれを選ぶか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、インサイドセールスに使えるツールを20個ピックアップして、それぞれの特徴や寸評をご紹介します。

 

Sales Cloud(セールスクラウド)

https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/

言うまでもなく世界でトップのシェアを有するSFAツールです。汎用性が高く、あらゆる業種で適用が可能です。SFAツールの導入時には必ず選択肢に入ることでしょう。

Zoho (ゾーホー)

https://www.zoho.com/jp/crm/

コストパフォーマンスに優れたSFAツールとして有名です。「Zia」という機能を使うと対話型AIとやり取りをすることで音声操作ができ、SFAツールの初心者であっても比較的簡単になじめると思います。

eセールスマネージャーRemix Cloud(リミックスクラウド)

https://www.e-sales.jp/products/remix/

多くの企業コンサルティング実績を持つソフトブレーン社が開発したSFAツールで、すでに多くの導入実績を有しています。ツールがしっかり定着するまでコンサルティングをしてくれるところは、さすがコンサル会社のツールです。

Senses(センシーズ)

https://product-senses.mazrica.com/

成功事例、失敗事例から分析をして営業活動の方向性をAIがアドバイスしてくれるユニークな機能があります。事例が蓄積されていくほどAIのアドバイス精度が高くなるので、使いこなすことが重要なツールです。

kintone(キントーン)

https://kintone.cybozu.co.jp/

SFAツールではありますが、それ以外の業務を効率化も支援してくれるツールです。企業規模に関係なく導入、活用できるのでスタートアップ企業からも人気です。

GeAIne(ジーン)

https://the.geaine2.jp/

新規のリード獲得に特化したツールです。新規開拓はどこの企業にとっても大切な業務ですが、営業メールの文面チェックやA/Bテストなど、初動からの営業活動をブラッシュアップしていくことができます。

Saleshub(セールスハブ)

https://saleshub.jp/

ビジネスマッチングサービスで、新規顧客の開拓に役立ちます。マッチングの前段階でかなり詳しい情報をシェアするため、マッチングの精度を高めることができるのがセールスポイントです。

Sales Force Assistant(セールスフォースアシスタント)

https://www.salesforce-assistant.com/

AI秘書が営業活動に対するアドバイスを発し、そのアドバイスに沿って経営改善ができるツールです。

ちきゅう

https://chikyu.net/

「ちょうどいいCRM」というキャッチコピーで知られるツールで、そのキャッチコピー通り機能を必要十分に絞った廉価型のツールです。

Oracle CX Sales(旧:オラクルセールスクラウド)

https://www.oracle.com/jp/corporate/features/salescloud/

とても知名度の高いIT企業によるCRMツールで、すでに多くの導入実績を持ちます。営業活動を管理、共有することができるため、テレワークなどオフィスに集まらない形態であっても各営業マンの行動を把握できます。

ActionCockpit(アクションコックピット)

https://www.bizlabo.co.jp/

スマホやタブレット端末を使ったモバイル環境での利便性に強みのあるSFAツールです。必要な機能がしっかり網羅されており、それをスマホ環境から利用できます。

UPWARD(アップワード)

https://upward.jp/

位置情報を活用し、フィールドセールスによる営業活動を可視化できるツールです。インサイドセールスだけでなくフィールド型の営業活動が多い企業向きです。

BALES CLOUD(ベイルズクラウド)

https://bales.smartcamp.co.jp/bales-cloud

すでに定評のあるインサイドセールス代行会社が提供している専用ツールです。休眠顧客へのアプローチや新規リード獲得に強みがあり、多くのユーザーから支持を集めています。

JUST.

https://www.justsystems.com/jp/products/justsfa/

「一太郎」で有名な日本のソフト会社が提供しているSFAツールです。開発力に強みのある同社製品だけあって、カスタマイズ対応が充実しています。

ネクストSFA

https://next-sfa.jp/

SFA初心者にとってハードルの低い製品を目指して開発されたツールです。導入から定着にいたるまで無料でサポートを受けることができます。

cyzen(サイゼン)

https://www.cyzen.cloud/

機動力重視のSFAツールで、対象端末はスマホやタブレットなどモバイル機器です。商談が終了したら即座に登録して内容を共有するなど、即時性の高い使い方に適しています。

Synergy!(シナジー)

https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergy/

マーケティング活動に特化したツールで、BtoBだけでなくBtoCであっても適用しやすいのが特徴です。

Microsoft Dynamics 365

https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/

製品名の通り、マイクロソフト社が提供しているCRMツールです。既存のExcelやOutlookなどと連携しやすいため、Windowsユーザーとの親和性の高さが目を引きます。

SAP C/4HANA(エスエイピーシーフォーハナ)

https://www.sap.com/japan/products/crm.html

日本国内では最大のシステム開発会社、NTTデータが開発、提供しているツールです。レスポンスがとても良いことなど、ハードウェア面での強みはさすが大手システム会社です。

楽テル

https://www.rakutel.jp/

電話による新規リードの獲得に役立つ支援ツールです。発信だけでなく受信の管理も可能で、電話による顧客とのコミュニケーションが多い企業に適しています。

 

まとめ

今回はインサイドセールスに役立つ20個のツールをご紹介しましたが、これらの他にも有用なツールがあります。最初はあまり高価なものではなく、コストパフォーマンスに優れたものを選び、導入の成果が見られるようになったらそれを使い続けるか、状況に応じてステップアップするのが良いと思います。

 

 

関連記事