1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティング
  4. メールマーケティングとメルマガはどう違う?違いとメリットを解説

hajimari BLOG

ハジマリブログ

マーケティング

メールマーケティングとメルマガはどう違う?違いとメリットを解説

メールマーケティングとメルマガはどう違う?違いとメリットを解説

メールを活用した販促手法には大きく分けて2つの方法があります。1つはメルマガ(メールマガジン)で、もう1つはメールマーケティングです。どちらもメールを活用することに変わりはないのですが、両者には決定的な違いがあります。

その違いとは、いったい何でしょうか。今回はメルマガとメールマーケティングの違いを解説しつつ、それぞれのメリットを解説したいと思います。

 

メールマーケティングとは?

メールマーケティングは、メールを使って「一人ひとり」の見込み顧客にアプローチをする手法です。従来であれば一人ひとりの見込み顧客に対して1人の営業マンが個別にアプローチをしていたものをメールによって自動化したものと考えるとイメージしやすいと思います。

それぞれの見込み顧客は関係性や購買までの距離感が異なるため、メールマーケティングでは送信するメールの内容が相手によって異なります。メールマーケティングの手法によって送信されたメールは、見込み顧客にとっては「最適な内容」になっているはずです。最適な内容のメールを受け取るため、見込み顧客がそれを読む確率が高くなりますし、自分に必要な情報が送られてきていると感じるため、購買へステップアップしていくことが期待できます。

 

メルマガ(メールマガジン)とは?

メールマーケティングとメルマガはどう違う?違いとメリットを解説

メールマーケティングに対してメルマガ(メールマガジン)は、文字通りメールを使ったマガジン(雑誌)です。すべての人に同じ内容のメールを送信するので、全員にとって最適な内容であるとは限りません。人によっては自分に関係ないと思われてしまうような場合も考えられるため、メルマガはどちらかというとマーケティングやリードナーチャリング(見込み顧客の購買への育成)の手法というより、告知や定期的な情報発信の意味合いが強くなります。

 

メールマーケティングとメルマガの違い

メールマーケティングとメルマガはどう違う?違いとメリットを解説

メールマーケティングとメルマガの違いを端的に表現すると、テレビCMとネット上のリスティング広告の違いと同じです。テレビCMはマス広告の一種で、見ている人の全員に同じ内容の映像で訴求します。それに対してネットのリスティング広告は表示されているサイトや見ている人の閲覧履歴を考慮して興味がありそうな広告を選んで表示します。

すべての人に同じ訴求をするメルマガに対して、相手に応じて流す情報やタイミングを考慮したうえで訴求する戦略的な手法がメールマーケティングです。最近、企業から届く営業メールの内容が分かりやすい、自分の興味に合っていると感じることが多くなりましたが、それは企業がメールマーケティングを採り入れているからです。

 

それぞれのメリット

メールマーケティングとメルマガの違いを理解していただいたうえで、次はそれぞれのメリットについて解説します。

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングの最大のメリットは、精度の高さです。相手にとって最適な内容を最適なタイミングでメール送信するため、「刺さる」確率はメルマガの比ではありません。

例えばセミナーに参加してくれた人に対して参加のお礼と、セミナーの内容を補足するような情報を送信すると情報に連続性が生まれるので、より読まれやすくなります。

どの内容をどのタイミングで誰に届けるかを戦略的に検討したうえで送信するのですから作業が煩雑になると感じるかもしれませんが、それをあらかじめ設定しておくと自動化できるのもメールマーケティングの大きなメリットです。

メルマガ(メールマガジン)のメリット

メルマガの最大のメリットはお手軽でほとんどコストもかからないことです。配信先のリストがあれば今すぐにでも始めることができるので、「とりあえず告知したい」といったニーズに応えることができます。

まだまだ見込み顧客としては購買まで遠い人たちが大勢いる場合、その人たちとの接点を維持するためにも情報を発信しておくことは有効です。そんな場合はメルマガで一斉に同じ内容を配信して、その中から興味を持ってくれる人を発掘するのが有効な戦略です。

すでに見込み顧客になっている人たちよりもその前の段階にある人たちに一斉配信をして、見込み顧客を探すプロセスに適しているのがメルマガです。

 

まとめ

メールマーケティングとメルマガの違いをできるだけシンプルに解説しました。感覚的にその違いを理解していただけたと思います。それぞれ用途や目的が異なることを踏まえて、アプローチの段階に応じて最適な方法を使い分けてください。

 

 

関連記事

資料請求