1. HOME
  2. ブログ
  3. インサイドセールス
  4. インサイドセールスの将来性、身につくスキルを解説

hajimari BLOG

ハジマリブログ

インサイドセールス

インサイドセールスの将来性、身につくスキルを解説

インサイドセールスの将来性、身につくスキルを解説

インサイドセールスは従来の営業マンがアポを取って訪問するフィールドセールスと違い、メールやリモート会議システム、チャットツールなどを使って営業活動を行う手法のことで、フィールドセールスと違って外回りをしないためインサイド(内勤)セールスと呼ばれています。

2020年に端を発したコロナ禍によって対面の営業活動をしにくくなったことからリモートによる営業が注目され、すでに普及が進みつつあったインサイドセールスにも大きく注目が集まりました。しかしコロナ禍が世界を席巻するよりも前からインサイドセールスは多くの企業から注目され、普及してきました。

なぜインサイドセールスがここまで注目され、将来性のある分野だと目されているのでしょうか。その理由とインサイドセールスによって得られるスキルやキャリアパスについて解説します。

 

インサイドセールスとは?

インサイドセールスとはフィールドセールスのように訪問をすることがない営業手法です。メールやリモート会議システム、チャットツールなどの通信手段を活用してインサイドセールスだけで営業活動を完結する場合もあれば、インサイドセールスで見込み顧客との関係性や信頼を醸成し、フィールドセールスに引き継ぐ形をとっている企業もあります。

 

昨今、インサイドセールスが注目されている理由

コロナ禍で対面しなくても営業活動ができるインサイドセールスに注目が集まったのは特殊要因ですが、それよりも前からインサイドセールスは注目を集めてきました。

その最大の理由は、効率がとても良いことです。訪問をしないため移動に要する時間やコストが不要になるため、遠方の人であってもオフィスや自宅にいながらにして営業活動が可能です。極端に言えば東京にいながらにして北海道、大阪、沖縄の人と立て続けに商談をすることも可能です。

しかも人と話すことなくメールなど自動化できるツールを使って見込み顧客とやり取りをすることもできるため、少ない人数で多くの人に対応することができます。従来型の営業は人海戦術に依存している部分がありましたが、インサイドセールスはそれと対極にある手法により、営業の人的、金銭的なコストを大幅に削減できるわけです。

 

インサイドセールスで身につくスキルとは?

インサイドセールスは訪問こそしませんが、立派な営業活動の一種です。対面をしないので従来型の営業よりも高いコミュニケーション能力が求められますし、マーケティングの手法を採り入れながら効率良く見込み顧客へアプローチをするため、戦略的な顧客分析や情報整理の能力が身につくでしょう。

また、従来型の営業ではこうしたスキルはいずれも個々の営業マンが自分で磨き上げてきました。そのため属人的になりがちですが、インサイドセールスでは専用のツールを使って組織的に営業活動を行うため、ITツールを駆使した情報の分析力も身につきます。

 

インサイドセールスの将来性

営業の効率を飛躍的に高めることができるインサイドセールスは、今後間違いなく市場を拡大させていくでしょう。企業にとっては人手不足や働き方改革、営業スキルの標準化など多くの課題を解決できる決定打になり得るため、今後爆発的に普及していくことが考えられます。

今後は営業活動のフローにインサイドセールスが組み込まれることが常識となり、フィールドセールスの前工程として、さらには営業活動全般の手法として普及していけば、インサイドセールス人材へのニーズは飛躍的に高まるでしょう。

インサイドセールスを得意としており貴社のセールスを代行致します

・取得したアポイントの確度が低く内容的に無駄な商談になっている
・リードへの最適なフォローができておらずリストが無駄になっている
・過去履歴や次回アクションが不明確でナーチャリングできていない
上記も全てハジマリが解決致します。

インサイドセールスについてもっと詳しく知る

 

インサイドセールスのキャリアパス

ここまでの解説をお読みになって、インサイドセールスのプロ人材がITツールを駆使しているという特性以外は営業のプロでもあることにお気づきかと思います。コミュニケーション能力や情報分析力はいずれも営業マンとして成長していくための必須スキルで、インサイドセールスのプロ人材はそれをITで実践しているわけです。

つまり、インサイドセールスに必要なスキルを有する人材のキャリアパスはフィールドセールスなど営業活動全般に広がります。また、これからインサイドセールスを導入しようとしている企業、もしくはインサイドセールスを導入したものの思うように機能していない企業などのマネジメント人材としても活躍できます。

 

まとめ

IT時代のプロフェッショナル営業人材として、インサイドセールスを学び経験した人の価値は今後ますます高まっていくことが考えられます。今はまだ日本の企業ではインサイドセールスが導入期にあるため、このタイミングでインサイドセールスのプロになることはかなり「オトク」であると考えて良いでしょう。

新規顧客獲得テレアポ代行を提供

テレアポの際にアポイント件数に伸び悩んでいる。
営業のノウハウがなく成果に繋がらない。
そのような課題をまるっとハジマリが代行致します。

新規テレアポ商談獲得についてもっと詳しく知る

 

 

関連記事

資料請求