1. HOME
  2. ブログ
  3. インサイドセールス
  4. インサイドセールスとインバウンドセールスの違い

hajimari BLOG

ハジマリブログ

インサイドセールス

インサイドセールスとインバウンドセールスの違い

インサイドセールスとインバウンドセールスの違い

インサイドセールスは見込み顧客の獲得やその顧客の購買意欲育成をオンライン主体で行う営業手法のことです。
これともうひとつ、よく似た言葉としてインバウンドセールスがあります。どちらも厳密な意味合いは異なるものの、営業活動に資するメリットも似ている部分があるので、今回はこの両者の違いについて解説します。

なお、「インバウンド」という名称から訪日外国人客のことを連想する方も多いと思いますが、ここで解説するのは営業活動、マーケティングにおける「インバウンド」のことを指します。

 

インバウンドセールスとは

インサイドセールスとインバウンドセールスの違い

インバウンドセールスの「インバウンド」とは、「外から中に入ってくる」という意味です。誰が外から中に入ってくるのかというと、見込み顧客のことを指します。
Webサイトや展示会、各種広告などによって自社の商材をアピールし、それに興味を持った人からの問い合わせや連絡が、インバウンドです。

このようにリード(見込み顧客)からのアクションに対して営業をかけていくのがインバウンドセールスなので、当然ながら他の手法よりも成約につながる確率は高くなりますし、リードもその商材に対して何らかの興味を持っている状態なので営業活動のしやすさもまるで違います。

ちなみに、インバウンドセールスの反対語がアウトバウンドセールスです。自社の商材に興味があるのかないのか分からない相手に飛び込みセールスをしたり、テレアポでアポイントを獲得することから始める手法です。

このインバウンドとアウトバウンドでは、どちらが効率が良いかは言うまでもありません。そのため近年の営業活動はインバウンドを主体にするべきという流れになっており、以下に効率よくリードを獲得するか、そしてリードとの接点を持つかが課題になっています。

 

インバウンドセールスとインサイドセールスの違い

インサイドセールスとインバウンドセールスの違い

それでは次に、インバウンドセールスとインサイドセールスの違いについて解説しましょう。この両者は包含関係にあって、インサイドセールスがインバウンドセールスの中にある1つの手法とイメージすると分かりやすいと思います。

というのも、インサイドセールスはオンラインを駆使する営業手法で、リードの獲得やリードの育成()などのプロセスをオンライン化して、非対面で進めていくのが基本です。業種や商材によってはそのままインサイドセールスのまま購買まで完結することもありますし、その後の顧客フォローもインサイドセールスで完結していることもあります。

反対に、オンラインによる方法でリードの獲得と育成まで進め、最終的な試作品の提供や商談、クロージングといった段階だけをフィールドセールスにバトンタッチするといった棲み分けをすることもあります。

しかし、この両者には包含関係ではないこともあります。例えばリードの獲得からすべてインサイドセールスで行う場合、メールマガジンやオンラインDMなどを使って反響を待ち、反響があったリードに対してオンラインで売り込みをかけていくという手法も有効です。これはいわば「オンライン版の飛び込みセールス」であり、インサイドセールスには「アウトバウンド」の可能性も十分にあるというのが面白いところです。

 

まとめ

インサイドセールスとインバウンドセールス、この両者は似た言葉ではありますが、その手法は異なります。今回はその違いについて解説しましたが、お読みになるにつれてこの両者の違いと役割をしっかり理解しておくことが重要であることがお分かりいただけたと思います。

営業の効率化はどの企業にとっても大きなテーマだと思いますので、この両者をしっかり理解して御社の営業活動のスマート化にお役立てください。

 

 

関連記事