1. HOME
  2. ブログ
  3. インサイドセールス
  4. MAツールとメール配信ツールの違いとは?

hajimari BLOG

ハジマリブログ

インサイドセールス

MAツールとメール配信ツールの違いとは?

MAツールとメール配信ツールの違いとは?

MA(マーケティングオートメーション)ツールと、メール配信ツールは一見すると同じことをやっているように感じる方は多いのではないでしょうか。どちらも見込み顧客にメールでアプローチをする点では共通していますが、メール配信ツールの進化形であるMAツールには、より多くの機能があります。

それでは、MAツールはどんな点でメール配信ツールよりも優れているのか?どのように使い分けるべきなのか?こうした疑問にお答えしつつ、両者の違いを解説していきましょう。

 

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは?

MAツールとは、マーケティングから営業的なアプローチまでを自動化できるツールのことです。具体的には、以下のような機能があります。

以前と違って、ネット空間の中に見込み顧客との接点が数多くある時代です。それならネット空間でできるアプローチを自動化していこうというのがMAツールの基本的な考え方です。これによりマーケティングや営業の人的なコストを大幅に削減できるだけでなく、営業活動に関する情報が共有、可視化されるため、今後に向けたブラッシュアップにも役立ちます。

 

メール配信ツールとは?

MAツールはネット空間での営業活動を自動化できるツールであると述べましたが、その具体的な手法にはメール配信が含まれます。メール配信ツールはこの機能に特化したもので、収集した見込み顧客のメールアドレスに対してお役立ち情報や最新ニュースなどを配信するために用いられます。

ネット上でのマーケティング手法としては古典的な部類に入りますが、今もなおメール配信は有効な手法として機能しているので、メール配信ツールは多くの企業で活躍しています。

 

MA(マーケティングオートメーション)ツールとメール配信ツールの違いとは?

MAツールとメール配信ツールの違いとは?

メール配信で結果を出すには、精度がとても重要です。あらかじめ収集した情報の中にある属性に対して、その属性の人たちが必要としている情報を提供することで反響を質・量ともに向上させることを目指します。

これに対して同じくメール配信をする場合であっても、MAツールではその見込み客が自社Webサイトのどのページを見たのかといった「行動」も考慮に入れてターゲットを絞り込みます。最初に収集した属性情報は時間が経過するごとに古くなってしまいますが、Webの閲覧情報は常に最新です。属性にこうした最新の行動情報を付加することで、より精度の高い配信を可能にしているのがMAツールです。

さらに、MAツールは効果の分析にも長けています。たとえば配信したメールの中にあるリンクにどれだけの人がアクセスしたのか、その後どんなページを回遊したのかといった情報も追跡可能なので、次回のアプローチに役立つ情報を効率良く収集することができます。

 

 

メリットとデメリットの比較

営業活動の効率化、IT化を進めるのにあたって、ここまで解説をお読みいただくとMAツール一択のように感じるかもしれません。しかし、そうとも言い切れない部分があるので、MAツールとメール配信ツールのメリットとデメリットを一覧表にしてみました。

導入コスト 高い 安い
導入のハードル リテラシーの向上も含めてハードルは高い とても手軽
メール配信の精度 高い 質より量
省力化の効果 極めて高い 一部の手間が軽減
営業活動全体への寄与 極めて高い あくまでも手段の1つ
双方向性 見込み顧客の情報を収集できる 周知、告知が目的

MAツールとメール配信ツールの違いが際立つように項目を選んだため、より両者の違いが分かりやすいと思います。重要なのは、両者の特徴を踏まえてどちらが最適であるかを見極めたうえで導入することです。

 

導入時に何を基準に検討するべきか?

機能重視であればMAツールになると思いますが、MAツールを使いこなすには担当者だけでなく全社的なリテラシーの向上が必要になります。そうでなければ結局メール配信機能しか使っていないといったように、宝の持ち腐れにもなりかねません。

メール配信を利用する目的はあくまでも周知や告知であり、そこまで高い精度を求めないのであればコスト面や手軽さの意味からもメール配信ツールで十分でしょう。そうではなく、リードジェネレーション(見込み顧客の獲得)からリードナーチャリング(見込み顧客の育成)など営業活動全体を一元化、自動化したいのであればMAツールが必要になります。

メール配信に何を求めるか、どこまでの成果を求めるかによって選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

まとめ

MAツールとメール配信ツールの違いについて解説しましたが、冒頭で述べたように両者は似ているようで別物であることがお分かりいただけたと思います。コスト面でどうしてもメール配信ツールしか導入できそうにないというのであれば、まずはメール配信から始めてみてそこからさらに高い機能を求めるのであればMAツールにステップアップするといった段階を踏むのも有効だと思います。

 

 

関連記事